ようこそ明月楼へ


by meigetsuro

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神戸は素通りし、世界遺産の姫路城へ。
f0040711_176742.jpg
姫路駅からはループバスでお城へ。f0040711_178228.jpg


 こちらのバスも有馬と同じようなかわいいバスです。 駅からさほど遠くなく大手門前に着きました。
 あとは天守閣を目指します。 敷地は広くかなり歩かなければなりません。 ようやくたどり着いたかと思うと登るのがまた大変。 かなりダイエットできたと思います。

 この2日間でかなり歩きました。 日々の生活でこんなに歩きませんね。   


  
[PR]
by meigetsuro | 2009-09-29 17:35 | 亭主のひとりごと
f0040711_23392456.jpg 翌日は、ループバスでロープウェイ乗り場まで行きます。
 このバスは小さいもので10人ぐらいの椅子しかありません。この日は空いていましたので、楽に座れましたが、週末とかは混むのかもしれません。
 このバスは基本的に温泉街観光のためのものでなく、各旅館や施設への移動目的のようです。ですから、温泉街は通らず、外周を回るルートになっていました。
f0040711_23454361.jpg
有馬温泉の駅から20分程度でロープウェイ乗り場に着きます。外周の幹線を通るのですが、決して大きな道ではありませんし、急な坂道が多いルートです。乗り合わせたおばちゃんの団体が「山中温泉にもこんなバスが走っていて、地元の人がガイドしてくれるんだ。」と話していました。なにか照れくさい気になってしまいますね。
 山中温泉の「お散歩号」とコンセプトが違うのでしょうから、比較はできませんが、女性の運転手さんのワンマン(ウーマン?)バスですが、移動の足として重宝します。100円もいうのもうれしいですね。

f0040711_08582.jpg ロープウェイは有馬温泉と六甲山を結んでいます。 1時間に3本のダイヤで運行していました。 ロープウェイに乗るのも久しぶりです。 なにかわくわくしますねえ。 お客さんは大体いっぱいになりました。 平日でもそれなりにお客があるんだなあと思いました。
 山頂に着くと私たちは神戸に向かうために、ケーブルカー乗り場への周遊バスに乗り込みましたが、 ほとんどのお客さんは散策をするようで、バスは貸切に近い状態です。(申し訳ない・・・)

f0040711_0213921.jpg 六甲山から神戸にはこのケーブルカーで移動します。
 こちらも私たちの他には、1組(3人)だけの乗車です。
天気が良いのでオープンの車両に乗り気持ちよく六甲を下りました。

   いよいよ神戸です。
f0040711_0293780.jpg

[PR]
by meigetsuro | 2009-09-27 00:31 | 亭主のひとりごと
シルバーウィーク前の静かな時に、ちょっと関西へ行ってきました。 
目的は有馬温泉と世界遺産の姫路城。

有馬温泉はぜひ見ておきたかった温泉街のひとつです。
新神戸から電車を乗り継ぎ、最後は有馬口で乗り換え有馬温泉へ。なつかしいローカルな電車です。 
f0040711_12143835.jpg

以前大聖寺~山中間を走っていた電車を思い出しました。木々の間を走る電車は「遥々やって来たなあ。」と感じます。
 今回の有馬でのメインは、御所別墅さんでの昼食と温泉街散策です。
f0040711_1045743.jpg 有馬温泉駅に着き、御所別墅さんへ電話すると、ロンドンタクシーで迎えに来ていただきました。こんなのも楽しいですね。ワインもいただき、ゆっくりとフレンチを堪能しました。食事のあとはお風呂も入れるようでしたが、遠慮してお部屋(離れ)を見せていただきました。
 温泉街を散策しながら予約したホテルへ。(宿泊はあえて温泉旅館を避けて、ホテル形式のツインをとりました。) 温泉街自体はさほど大きくなく、外湯も含めてこじんまりとしています。道は細く坂ばかりの印象です(小さいロンドンタクシーでのお迎えも納得できます)。らしい情緒はあります。水曜日ということもあり、休みのお店もあってちょっと寂しかったかな。
 夕食も外で食べましたが、ちょっと選択肢が少ないかな。

*** 途中でデジカメが壊れてしまい、携帯での画像しかありません。 残念です。
[PR]
by meigetsuro | 2009-09-26 10:58 | 亭主のひとりごと

有馬温泉と姫路城

f0040711_2218338.jpg

姫路城は 圧巻でした。奥女中の住んでいた部屋が いちばん印象に残っています。初めて そのような部屋をみましたよ。
廊下を歩いていると 昔のお城の人たちも 歩いていたんだ と思うと 不思議な気分でした。
[PR]
by meigetsuro | 2009-09-19 22:18 | 女将のよもやま話

家業

 先日 客間のエアコンが一台壊れまして 町内の電気工事のお店に 新しい物と入れ替えてもらっています。こちらのお店とは お互い先代からのお付き合いで 改築するときも なにか不都合があるときも いつもお世話になっています。

 今回は 息子さんたちが工事をしてくれています。 彼らは うちの息子たちと同年代で 子供のころからよく知っています。崖のせまった仕事のしにくい場所で 一生懸命やってくれている様子は 頼もしくさえ思えます。

 最近は おうちの仕事を継ぐことが 難しく 少なくなってきています。
 かつて わたしが嫁にきて 母から仕事を教わっているとき やはりお客さんから「若い人が おうちの仕事を一生懸命する姿は うれしいねえ。」と言われたことを 思い出します。

 今 わたしが まさにその心境です。

 あっという間のような気もしますが、それなりの時間が過ぎているのですよね。
これからも 家族で家業を 続けていけたらいいと思っています。
[PR]
by meigetsuro | 2009-09-07 14:19 | 女将のよもやま話

ゆうちょのポスター

f0040711_10105746.jpg
全国の郵便局にこの「JP BANKカード」のポスターが張られているそうです。 こおろぎ橋のきれいな紅葉ですね。 もみじは毎日表情を変えますので、なかなかこのような時期にきれいに写すのは難しいです。 例年、11月の半ば以降でしょうか。

 私どもの店の玄関も写っていますので、山中郵便局の局長さんがわざわざ教えてくださいました。 ただ、もともとのポスターには山中温泉の「や」の字もこおろぎ橋の「こ」の字も書かれていませんでした。
(画像にある「山中温泉 こおろぎ橋」は局長さんが入れてくださったものです)
[PR]
by meigetsuro | 2009-09-05 10:28 | 亭主のひとりごと